スカイマイル獲得日記(デルタ航空マイレージ、スカイマイルの徹底活用)

スカイマイル獲得日記(デルタ航空マイレージ、スカイマイルの徹底活用)

TOPページ デルタ航空 > スカイマイル獲得日記

 

スカイマイル獲得日記

スカイマイル獲得日記と題して、デルタ航空のスカイマイルを獲得していく手順などをここに記していきたいと思います。

私がスカイマイルを貯めようと思ったのは、ホノルルマラソンをJTBで申し込んだ際に飛行機がデルタ航空だったからです。

「これはデルタ航空マイレージを貯めるしかない!」ということになり、そこで初めてデルタ航空のマイレージであるスカイマイルについて調べました。

なんといってもマイル提携クレジットカードです。ボーナスマイルがもらえるマイルカードなのですが、デルタ航空のスカイマイルの場合はいくつか種類が出ているんですね。

まずはそれを見てみようと思います。

デルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカード
デルタ スカイマイルJCBカード(テイクオフカード)(一般カード)(ゴールドカード)の3種類
デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード

大きく分けて「シティカード」「ダイナースクラブカード」「JCBカード」からどれを選ぶか、という感じになります。

ここでの注目ポイントは、「全てのカードの申し込んでも入会ボーナスマイル等はもらえる」という点です。

それぞれのボーナスマイル等を合わせると最大で28000マイルが貯まることになります。

ハワイの片道20,000マイルですから、この航空券を手に入れるために、というのもありといえるでしょうね。

自分の場合は、その時のハワイ行き以外は特にデルタ航空搭乗の予定をしていなかったのでデルタ スカイマイルJCBカード(テイクオフカード)に申込ました。

ただ、もし同じように「ハワイでホノルルマラソンに行く予定!」という人はデルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカードをお勧めしています。

というのも、デルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカードは、入会後3ヵ月以内に合計150,000円以上のカード利用で初年度年会費無料になるキャンペーンを展開しているからです。

ハワイのホノルル行きだと飛行機代だけでも10~15万円程になってしまうかと思いますので、それをデルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカードで行えば年会費が無料になってくれますから大変お得です。

ボーなるマイルも入会するだけでボーナス5000マイルが貰え、さらにファーストフライトボーナスで最大5000マイルがもれなく貰えるので10000マイルがボーナスマイルでもらえるので大変お得です。

私がデルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカードに申し込まなかったのは、以前にシティカードを作ったことがあったからです。これまでにシティカードのボーナスを受け取ったことがある人はキャンペーンの対象外ということで・・・・・あえなく断念しました。

しかし、ボーナス対象の方はデルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカードをぜひおススメします。

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードもボーナスなどで最大10000マイルがもらえますが、初年度年会費無料などのキャンペーンはおこなっていません。

デルタ航空に数回搭乗する予定がある方なら、デルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカードデルタ スカイマイルJCBカードデルタ スカイマイル ダイナースクラブカードのそれぞれを利用して入会ボーナスと初回搭乗ボーナスマイルをもらってしまうのがいいでしょう。

スカイマイルには有効期限がありませんので一度マイルをためておけば後はゆっくりと貯めてゆっくりと利用することも出来ます。

また、デルタ航空を利用しなくてもマイルが貯まる、【2012年3月末まで期間延長!】ニッポン 500 マイル・キャンペーンも利用しましょう。

これは、2011年3月31日まで、すべての日本国内線で、1 フライトにつき 500 スカイマイル・ボーナスマイルを獲得出来るもので、 JAL(日本航空)、ANA(全日空)、スカイマークなど日本国内線であれば、 航空会社、路線、クラスは問わないというものです。

申請方法はボーナスマイル加算申請フォームをプリントアウトし、搭乗券コピーを貼りつけてFAXするだけ。これで500マイルはおいしいですね。忘れずに!

【キャンペーン情報】

【キャンペーン情報】
デルタ スカイマイル JCB テイクオフカードは「2015年1月31日までにwebから申し込んだ方限定で」「入会ボーナスマイル+利用などで最大13500マイルが貰えるキャンペーン」を行っています。

ページトップへ↑